飲食業のファクタリングのポイント

飲食店で働く女性

飲食業はまとまった初期投資が必要であったり、集客のために内装をきれいに維持する必要があるなど設備の消耗に対する費用なども嵩みます。接客業なので顧客満足度を上げるにはスタッフの頭数もそろえる必要があるので、人件費も工面する必要があります。つまり飲食業では何かと運転資金のためのキャッシュの重要性が高い業種と言えます。運転資金は取引金融機関からの融資を利用できる場合がありますが、初期投資などですでに与信枠を使い切っている状況では新規に融資を得るのは難しいのが現実です。資産価値の高い土地建物などを保有していれば、借入を行うことも可能ですがそのような余剰試算を手にしているのは例外的といえるでしょう。急場の資金需要に応える方法にはファクタリングがあります。
ファクタリングとは、売掛金債権を清算日前に現金化するというもので、手数料などを控除した金額の入金を受けることが出来ます。しかし飲食業は売掛金が発生しにくい業種とされ、ファクタリングには向かないと従来は考えられてきました。様相が変わったのはクレジットカード決済に対応する飲食業店舗が増加したことにあるようです。クレジットカード決済の特徴は、クライアントはその場で決済を済ませることが出来ますが、店側に入金されるのは2-3ヶ月先の場合が珍しくないことです。
月単位の支払いサイトがあると、従業員への給与払いなどに窮することも考えられます。しかも設備投資ばどは先払いが原則なので、新規出店の話などが飛び込んできたときに、手持ちの現金が不足したおかげで商機を逸する可能性があるのです。
ファクタリングは飲食業のこのような悩みにおおきなサポートになってくれます。ファクタリングの債権としての適格性は、半年以内の清算日が確定しており過去の支払履歴が良好であることにあります。クレジットとカード決済では、所定の口座に現金がある限り自動引き落としになるので、債権未回収のリスクは相当低いといえます。
クレジットカード決済では、信販会社が関与する取引になるので、3社間取引のファクタリングが中心になります。3社間取引は手数料が低額に抑えられているので、利用のハードルも低いといえます。
飲食業は季節ごとの売上げの変動が多い職種です。今月なんとか乗り切れば繁忙期に持ち込める、このようなシチュエーションが多いのでは無いでしょうか。ファクタリングを利用すれば売上げを有効活用しキャッシュフローを改善させるメリットがあります。

関連記事