ファクタリングとABLはどこが違う?

ファクタリングとABLの違いについて考える女性

売り掛け先への売り掛け金などの金銭債権を活用して現金を手にする方法には、ファクタリングとABL
(債権担保融資)の二つの選択肢があります。いずれも運転資金などのキャッシュフローを改善させる目的は同じで類似していますが、違いもあります。ファクタリングとABL、両者の特徴と違いについて検討してみましょう。
ABL(債権担保融資)とは、金銭債権を担保にいれて融資をえる方法のことです。不動産などのみるべき財産を保有していない企業でも、取引先に対する売掛債権を担保に出来るので抵当権などの設定を行えない状況でも融資を受けることが出来るメリットがあります。
これに対してファクタリングとは、取引先に対して保有する売り掛け金債権を支払期日前に売買して現金化する方法です。買い取ってもらう金額は100%の券面額ではなく、取引先や債権の属性などに応じて買い取り価格は変動し、リスクなどに応じて設定される手数料を控除された金額が入金される特徴があります。
このようにABLは融資、ファクタリングは債権の売買という性質の差異に応じて違いが見られます。まずファクタリングは債権譲渡、つまり売掛債権の売買なので取引先からの入金が完了すれば新たな取引を実行しないかぎり何の関係も残りません。仮に取引先が倒産しても、原則として利用会社が保証責任を負うというリスクもないわけです。
これに対してABLは債権を担保にした融資なので、所定の利息で計算された額を元本と合わせて返済する義務を負います。仮に売り掛け先が倒産すると、担保価値が毀損してしまうので追加で担保を請求されたり、未収金の有無にかかわらず元本の返済をする義務を負います。
また融資と売買の違いは審査の厳しさにも反映されることになります。ファクタリングでは利用会社の信用状況よりも取引先の信用状況が重視されます。そのため利用会社が赤字経営や税金滞納などがあっても審査を通過する可能性はあります。
他方でABLは利用申込みする会社への融資なので、金融機関での融資案件として審査は厳密になされます。売掛債権はあくまで担保にすぎないので、利用会社の売上や財務状況・将来の成長性などを踏まえて融資の可否が判断されます。
もっともファクタリングといえども、2社間取引の場合は売掛金が一旦利用会社に入金されることになるのでリスクは高くなります。その影響2社間取引の初回審査は厳しいのが一般的なので両者の違いにも接近傾向が見られます。

関連記事